【交流イベント】良太郎と遠足For MEN~旧東海道を歩きませんか?~

クィアスピリチュアル

コラム

こんにちは雄介です。

今回は「クィアスピリチュアル」のお話です。

ちょっとした海外の方のを読ませていただきながら書いております。

クィアとは

クィアあるいはクイア(Queer)とは、元々は「不思議な」「風変わりな」「奇妙な」などを表す言葉であり、同性愛者への侮蔑語であったが、1990年代以降は性的少数者全体を包括する用語として肯定的な意味で使われている。

LGBTの方のスピリチュアル能力

ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々は、
スピリチュアルな人々として独特の歴史を持っています。

現にLGBTの人々の能力は接するとわかるのですが、多くの方々がとても高い能力を持っており
特にエンパス(共感力)に高いと感じます。

エンパスについては、また詳しく話したいと思います。

クィアという言葉もスピリチュアルという言葉も

クィア。スピリチュアル。
こちらの言葉は、単独でも説明を冒頭でしたように、単独で意味の多様性を持っています。

この言葉を組み合わせている言葉はあまり聞きません。
歴史的にもあまり良い意味では使われていないようですね。

説明ではこのようにあります。

アフリカ系アメリカ人の人々は自分たちのために「黒」という言葉を取り戻し、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々は自分たちのために「クィア」という言葉を取り戻しました。   

スピリチュアルも…

やはり、この言葉も同じような意図を感じます。

ですが、ここ最近では肯定的な印象もあるようです。

タイトルとURLをコピーしました