【交流イベント】良太郎と遠足For MEN~旧東海道を歩きませんか?~

超初心者向け!タロット講座・2

コラム


ゲイのタロット占い師★宮弥凛乎の占い豆知識コラム-リンコラム-超初心者向け!タロット講座・2

こんにちは!タロット占い師の凛乎です (‘-^*)/

お待たせしました!

第二回目・超初心者向け!タロット講座です☆

第二回目となる今回は、実践的な内容に入っていく前の、大切なお話をしますね。

【②タロットの本当の勉強と習得の仕方とは?】

実は、僕がまだ初心者だった頃、とにかく勉強が嫌いで、いかに早く習得するかなんてことよりも、入門書片手に何の躊躇いもなく高校生時代のクラスメイトを片っ端からじゃんじゃん占ってました。

高校卒業するまでには、ほぼ全校生徒規模で占っていました。

タロットは高校一年になったばかりの頃始めたのですが、その頃はまだたとえ入門書片手にたどたどしくても、タロットをやっているというのが珍しがられて、周囲からは、カタチにとらわれずで構わないからぜひ占ってほしいと頼まれるようになりました。

休み時間、放課後と、順番を待つ生徒の列が絶えない毎日でした。

女子生徒だけでなく、厳ついヤンキーの男子生徒や、学校の先生からも占いを頼まれている日々でした。

ろくにタロットの勉強などせずに、いきなり近場の人達を毎日占いまくると、イヤでも勝手に覚えてしまうんです。

高校一年の文化祭で、クラスの出し物が占いの館だったのですが、それで僕が占い師をやったわけですが、その頃にはもう入門書は全く必要なくなっていて、タロットを自己流に使いこなしていました。

初めになぜこんな話をしたかというと、タロットは使い方をおおよそ把握できたら、学問的な勉強をせず、たとえ入門書片手に持ちながらであっても、とにかく実践に飛び込んでやりながら習得するというのが、実は初心者の方が最も必要な習得方法だからです。

確かに知識を得ることは重要です。

しかしタロットの習得では、それがかなりの時間のロスとなります。

『ろくにタロットの勉強などせずに、いきなり近場の人達を毎日占いまくると、イヤでも勝手に覚えてしまう』

これは、

タロットの習得では、

実践の中から必要に応じて疑問が生まれ、

その疑問を追及していく先に知識がある。

なので、料理のレシピは料理しながら覚えるのと同じだと思ってください。

そうすると、前回でも触れた【カードの意味の憶え方のコツ】が自然に身につくはずです。

そうしていくうちに、

『ここはどうすればもっと上手くできるんだろう?』

『なんかわかってきて楽しくなってきた!タロットのこともっと知りたい!』

『プロの占い師さんみたいにカッコよく占えるよう自分も真似てみよう!』

こんなわくわくするような気持ちが湧いてくるはずです。

実はそこからが本当のタロットの勉強のはじまりなんです。

では最後にタロットを習得するための心得とは?

わけのわからないスマートフォンを

とにかく適当にずっといじって遊んでたら

気がつくと使いこなせるようになっていた!

こんな風に、タロットもわけもわからずでいいので、とにかく実際にどんどん楽しく占って、出来る限りたくさんの実践の場を増やしてみてください。

タロット占いをやればやるほど大好きになっていってくださいね (*^▽^*)

超初心者向け!タロット講座第二回目の今日は、【タロットの本当の勉強と習得の仕方とは?】についてお話してみました。

では、第三回目をまたどうぞお楽しみに♪ (^-^)ノ~~

タイトルとURLをコピーしました